menu

不動産を売却する時には色々な書類が必要です

不動産売却するなら株式会社トット不動産

不動産売却するなら【株式会社トット不動産】へ

サイトマップ 会社情報

☎︎0120-47-1010

営業時間:9:00〜17:45

不動産を売却する時には色々な書類が必要です

 

不動産を売却する際には契約に必要な書類はもちろん、手続きをスムーズに進めるために揃えておく方がよい書類などもあります。「いざ売却!」となってから書類を探して慌てないように、どんな書類が必要なのか、何を用意する必要があるのか、事前に確認しておきましょう。

 

 

○身分証明書 実印 印鑑証明書 住民票

⇒身分を証明するための書類です。3ヶ月以内のものを使用します。

 

 

○土地測量図、境界証明書

⇒土地や戸建を売買する場合に必要な書類です。

 

 

○建築設計図書・工事記録書・

⇒どのような設計・工事が行われたのかを示す書類です。

 

 

○建築確認済書・検査済書

⇒建築基準法に基づいて建築されたことを証明するための書類です。

 

 

○マンションの管理規約・維持費に関する書類

⇒管理費や修繕積立金、組合費などが記された書類です。

 

 

○登記済権利書・登記識別情報

⇒不動産の所有権を証明するための書類です。

 

 

○固定資産税評価証明書・固定資産税納付通知書

⇒固定資産税の納税額確認のため必要となる書類です。

 

 

○耐震診断報告書・アスベスト使用調査報告書・地盤調査報告書

⇒古い物件を売却する際などに求められる場合のある書類です。

 

 

簡単にご説明しましたが、戸建・マンション・土地といった物件種別によっても用意すべき書類は異なってきますので注意が必要です。また書類によって提出のタイミングも異なり、不動産会社によって進め方が前後する部分もありますので、具体的な流れや詳細は売却依頼の際、しっかり確認するとよいでしょう。

 

 

紛失している場合もそれぞれ出来る対応がありますので、こちらも早めに不動産会社に相談しておくことをおすすめします。

 

 

不動産の売却についてご心配なことがありましたら、お気軽に当社の無料相談をご利用ください。

 

 

不動産売却するなら【株式会社トット不動産】へ

〒803-0817 福岡県北九州市小倉北区田町18-15

宅地建物取引業者免許 福岡県知事免許(1)第17792号

営業時間:9:00〜17:45 定休日:年末年始