menu

住宅ローンが残っていても自宅の売却は可能ですか?

不動産売却するなら株式会社トット不動産

不動産売却するなら【株式会社トット不動産】へ

サイトマップ 会社情報

☎︎0120-47-1010

営業時間:9:00〜17:45

住宅ローンが残っていても自宅の売却は可能ですか?

 

色々なご事情で自宅を売却する必要が出てきた場合、「住宅ローンが残っていても売却できるのか?」と心配したり、「ローンが残っているから買い替えは無理」とあきらめている方も少なくありません。

 

結論から言って「住宅ローンが完済できる」場合、売却は可能で、実際の買い替えは住宅ローンが残った状態で行う方がほとんどだと思います。

 

もし住宅ローンが残っていたとしても、今の自宅を売却し、売ったお金で一括返済すれば抵当権が抹消できるので、ローンの残債を上回る金額で売却できる場合は問題なく売却できます。抵当権というのは「住宅ローンの返済ができなくなった時は、その不動産を銀行が担保としてもらいますよ」いう権利のことです。この抵当権が抹消できない(住宅ローンが残った)状態では、売却の取引が成立しないため、自宅を売却した代金がローン残債に足りない場合は、自己資金を用意して不足分を補い、完済する必要があります。

 

たとえば住宅ローンが1000万円残っている自宅が1200万円で売れた場合、ローン完済できますが、800万円でしか売れなかった場合は、自分で足りない分の200万円を用意しなければならないということです。この例は200万円ですが、不足分が1000万円など高額になるケースも珍しくなく、高額になるほど用意するのが難しくなるので、住宅ローンの残債が多い家の売却は簡単にいかない場面も出てきます。

 

住宅ローンが残っている自宅の売却といっても、ご実家に戻られるなどのご事情で売却のみなのか、住み替えによる売却なのか。また自己資金やローンの返済状況などにより、可能なケースやタイミング、進め方は異なってきます。まずは不動産会社に相談して、適切なアドバイスをもらって検討されることをおすすめします。

 

しかしどのような場合にしろ、住宅ローンが残っている場合の売却は、完済できる目途がついてから行うのが間違いないと思います。まずはご自宅がいくらで売れるのか? 査定をしておよその価値が分かればローンの完済できるのか、不足分はいくらかといった確認をしながら進めることができます。しっかり試算して検討していきましょう。

 

当社でもご相談を承りますので、ご心配なことがあればどんなことでもお気軽にご連絡くださいね。

 

 

不動産売却するなら【株式会社トット不動産】へ

〒803-0817 福岡県北九州市小倉北区田町18-15

宅地建物取引業者免許 福岡県知事免許(1)第17792号

営業時間:9:00〜17:45 定休日:年末年始